ソリューション

事業内容

調査・研究


サプライチェーン・データを意思決定に活用する


  • 私たちは、調査を通じて、サプライチェーン上の関係者や取引関係を特定します
  • 私たちは、調査を通じて、データを照合し、複数のデータを関連づけます

 

 

レビュー


サプライチェーン・データを可視化し、分析する


  • 私たちは、レビューを通じて、サプライチェーン上のデータを見える化し、経営の意志決定を支援します
  • 私たちは、レビューを通じて、アクター(個人あるいは組織)と要素(場所あるいはモノ)の間のダイナミックな関係性を捉えます

 

報告


データを用いて、持続可能性に関する主張を裏付け、活動がもたらす真の影響を測定する


  • 私たちは、潜在的なリスクと機会を報告します
  • 私たちは、コミットメントに対する結果を報告します

 

ソリューション

B to B サプライヤーマネジメント

Bluenumberのサプライヤーマネジメント・プラットフォームは、サプライチェーンの上流(農家や農業)から下流(バイヤー)までのすべてのアクターをトレーサビリティの対象とします。企業の最終商品に至るまでの過程に係わるサプライチェーン上のアクターを特定し、マッピングします。

環境リスク評価

私たちの環境リスク評価(ERA)では、地図上に環境リスク情報を層のように重ね合わせることで、特定の地点における持続可能性に係わる取り組みやリスクの有無を確認します。また、ここから、持続可能性に関する主張の裏付けを得ます。私たちが利用する環境リスク情報には、自然環境保全地区に関するデータ、泥炭地に関するデータ、森林伐採に関するデータなどがあります。

B# SDGスコアカード

「B# SDGスコアカード」は国連の持続可能な開発目標に基づき設計されています。これは、一人ひとりの持続可能な開発目標への達成度をスコア化し、各種イニシアティブや現在のシステムが一人ひとりの生活にどのような影響を与えているかを測定するものです。Bluenumberは、特に農業において、農家一人ひとりの持続可能な開発目標への達成度に基づき、農家への融資額や利率を定める目的で、「B# SDGスコアカード」を作成し、使用しています。 詳細は
こちら

BLUEBOX

(準備中)

BLUEMARK™

BlueMarkはB#に登録する個人を、2つ以上の外部情報からも確認可能な場合に、取得することができます。BlueMarkは、一定の範囲におけるすべてのアクターがB#に登録していること、また、彼らがそれぞれ自らを主張する自由を得ていることを意味します。BlueMarkは一定の範囲におけるサプライチェーン上の個人、企業、事業所の合法性と正当性を示すものです。なお、BlueMarkは、アメリカ合衆国特許商標庁登録マークです。 詳細は
こちら

B# APP

BluenumberのアプリケーションはBluenumber プラットフォーム上で個人情報を管理するためのパスポートです。このアプリケーションを通じて、利用者は、Bluenumberエコシステムに参加する人々や組織・団体と自身の個人情報を共有したり、共有を解除したりすることができます。相互認証の機能があります。 詳細は
こちら

アメリカ合衆国特許商標庁
登録マーク

Bluemark

合法性

事業間および事業の合法性を示す

 

正当性

システムおよびシステム内における活動の正当性を示す

 

自由な存在

一定の範囲において、関係者が誰であるかが特定され、その一人ひとりは自らの存在を主張できる自由を有することを示す