サービス

Bluenumber
活用方法

デジタル・アイデンティティ

  • アクター(個人あるいは組織)あるいは要素(場所あるいはモノ)を定義し、明らかにする
  • 他のBluenumberとの関係性を記録する
  • 異なるデーターベース間のデータを連結し、データの信頼性・信憑性を高める

データ分析

  • ネットワークやサプライチェーンに関するデータを集約し、経営判断に生かす
  • プライベートデータ(非公開情報)とパブリックデータ(公開情報)を照合させる
  • アクター(個人あるいは組織)と要素(場所あるいはモノ)のダイナミックな関係性を捉える

トレーサビリティ

  • 複雑なネットワークに関与するアクター(個人・組織)と要素(場所・モノ)を定義し、可視化、明らかにする。例えば、サプライチェーンにおけるサプライヤー、ビジネス・パートナー、消費者、顧客など
  • 潜在的リスクと機会を示し、ネットワーク(サプライチェーン)マネージャーの意思決定を支援する